中村輪夢、東京金へ 所属先が“4億円個人パーク”建設「凄くいい」

[ 2020年1月23日 09:00 ]

デモンストレーションを披露する中村輪夢(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東京五輪で新種目として実施される自転車のBMXフリースタイルパーク男子の中村輪夢(りむ、17=ウイングアーク1st)に、“メダル基地”が完成した。所属先が約4億円を投じ中村専用の「ウイングパーク1st」を京都府宇治市内に建設し、22日のオープン発表会に中村も出席。世界でも類を見ない専用屋内パークで天候を気にせずに練習を積み、TOKYOの金メダル獲得へ加速する。

 完成したばかりの“リム・パーク”で、昨季のW杯年間王者・中村が軽快な走りを披露した。競技時間と同じ1分間のデモンストレーションを行っただけでなく、後方に1回転した後にハンドルを2度回し、さらに手も離す大技にもアタック。「世界基準のところで練習できるのは、めちゃくちゃうれしい。最高です!」と17歳が笑みを浮かべた。

 国内にはパーク施設が少なく、自宅がある京都市から車で3~4時間かけて三重に練習に行くこともあれば、海外で合宿を敢行することもあった。所属先が約4億円の大金を投じて完成した中村専用の「ウイングパーク1st」は、自宅から車で30~40分。「海外だと時差ボケとかのストレスもある。京都にあるのは凄くいい。今まで6時間の練習だったのが8、9時間とかできる」。これまで以上の練習量が、さらなる進化を後押しする。

 43メートル×29メートル、1247平方メートルで世界規格の広さを持つパークには、中村と元ライダーでBMXショップを経営する父・辰司さんが選んだセクションが配置された。高さ約6メートルにも及ぶ巨大な壁など「サイズがデカい。ここで慣れたら世界でビビらずに済む。世界のパークにあるいいところだけを集めた」と中村は胸を張る。屋外パークでは雨などの悪天候では練習ができないが、“リム・パーク”は屋内の全天候型。関係者は「このサイズでの屋内施設は国内では初と思う。世界的にも珍しい」と明かした。

 パーク内には9台のカメラも設置。スピードやジャンプの高さなどを分析することは、トリックの成功率向上や新技の習得に効果を発揮する。「数字で出たら分かりやすいし、もっともっと上にいける」と言う中村は、東京五輪へ「どの大会でも1番を目指している。五輪でも1番を獲れるように頑張りたい」と気合十分。最高の環境から、黄金の夢にアタックする。

 《「データ取得施設」世界初》18年6月から中村と所属契約を結ぶソフトウエア開発・販売「ウイングアーク1st」の田中社長は、「全ては中村選手が練習時間を取れるように」と専用パーク建設の意図を説明した。約4億円の総工費で約1年3カ月をかけて完成。今後、世界のトップ選手を招いてのエキシビションの開催は計画しているが、あくまでも中村専用の練習場という。同社長は「データを取れる施設としては世界初」と胸を張った。

 ▼BMXフリースタイルパーク 東京五輪の新種目。大小さまざまなセクションが設けられたパークで行われ、持ち時間1分間で繰り出したトリックをジャッジが難易度や完成度、オリジナリティーを基に99.99点満点で採点する。2度の試技で高得点を採用。東京五輪では8月1日に男女予選、2日に同決勝が有明アーバンスポーツパークで行われる。

 ▼東京五輪への道 出場枠は男女とも最大9。18年11月18日~20年5月11日の国際大会のポイントで国別に出場枠が与えられる。日本には開催国枠もあり、中村は昨季のW杯で年間王者に輝くなど五輪出場は決定的。また、女子の大池水杜(みなと、23=ビザビ)も出場が有力視される。

 ◆中村 輪夢(なかむら・りむ)2002年(平14)2月9日生まれ、京都府出身の17歳。父・辰司さんの影響で3歳からBMXに乗り、5歳で大会に初出場。中学生でプロに転向した。昨年8月のXゲームズで史上最年少で銀メダルを獲得し、11月にW杯フリースタイル・パークで日本男子初の優勝を飾るとともに年間王者に。名前の由来は自転車パーツの「リム」。生まれた日にソルトレークシティー冬季五輪が開催中で「輪」に「夢」をつけた。1メートル70、62キロ。

 《専用練習場を持つ主なアスリート》☆スノーボード ショーン・ホワイト(米国) 3つの五輪金メダルを持つスーパースターはコロラド州シルバートンの山奥に専用のハーフパイプを所有する。ヘリコプターで通って練習する。

 ☆スポーツクライミング 野口啓代 茨城県龍ケ崎市で牧場を経営する父・健司さんが、牛舎を改造して手作りのボルダリング壁を設置。中学生の頃からその壁で鍛え、昨年の世界選手権で銀メダルを獲得し、東京五輪代表に内定。

 ☆クレー射撃 石原奈央子 栃木県鹿沼市の実家は古峯神社で、敷地内に古峯ケ原射撃場を持つ。社務をしながら練習し、16年リオに続く2度目の五輪出場を決めている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月23日のニュース