渋野日向子に岡山の特産品贈呈 1日で3件、地元がい旋イベント 笑顔絶やさず

[ 2019年12月6日 14:54 ]

JA岡山米贈呈式で地元特産品を贈呈され笑顔の渋野日向子(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ゴルフの海外メジャー、全英女子オープンを制するなど今年、勇躍世界に羽ばたいた渋野日向子(21=RSK山陽放送)が6日、地元・岡山市内のホテルでJAグループ岡山からに岡山米「きぬむすめ」など岡山の特産品を贈呈された。この贈呈式が岡山東警察署の一日警察署長、岡山市人見絹枝スポーツ顕彰表彰式に続く、この日、3件目の地元がい旋イベントとなった。

 渋野がプレー中に見せる笑顔とおいしそうにおにぎりなどをほお張るもぐもぐタイムがJAグループ岡山のコンセプト「農業を元気に」「農家を元気に」「地域を元気に」に合致したという理由で贈呈が決まった。

 渋野は「私の実家は畑もやってまして農業には若干、親近感があります。小さい頃はたまに畑を手伝ったりしてたのでこれからも岡山のお米だったり、黄ニラだったり、たくさんの岡山のものを元気でモリモリ食べて頑張りたいと思います」と笑顔であいさつ。

 岡山米「きぬむすめ」1年分(120キロ)
 岡山県産ぶどう「紫苑」1ケース(2房)
 岡山県産「愛宕梨」1ケース(2玉)
 岡山県産「黄ニラ」(50グラム×10束)
 岡山県産「千両ナス」1ケース(2キロ)
 作州黒(黒豆)使用の「黒々茶」3箱(500ミリリットル×24本)
 以上、6品を贈られた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月6日のニュース