ジュニア男子・佐藤、全ジャンプ成功SP3位 鍵山は出遅れ6位

[ 2019年12月6日 05:30 ]

フィギュアGPファイナル開幕 ( 2019年12月5日    イタリア・トリノ )

ジュニアGPファイナル男子SPで演技する佐藤駿(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 同時開催のジュニアGPファイナルの男子ショートプログラム(SP)が5日に行われ、日本勢では佐藤駿(15=埼玉栄高)が77.25点で3位、鍵山優真(16=星槎国際高横浜)が71.19点で6位だった。佐藤はルッツ―ループの連続3回転など全ジャンプに成功。「フリーはいい演技ができていないのでノーミスでできるように」と引き締めた。

 冒頭の3回転半が2回転となり、出遅れた鍵山は「落ち着いてやれば点差は埋まるので頑張りたい」と巻き返しに意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月6日のニュース