貴景勝「とにかく優勝」 横綱昇進へ優勝2回必須!

[ 2019年12月6日 05:30 ]

大相撲冬巡業

ぶつかり稽古で胸を出す貴景勝
Photo By スポニチ

 大相撲の冬巡業が5日、福岡県うきは市で行われ、大関・貴景勝(23)がぶつかり稽古で2度、関取衆に胸を出し、故障箇所の状態を確認した。秋場所千秋楽で痛めた左大胸筋のしこりと九州場所中に痛めた左手首の回復を優先し、ここまでは基礎運動が中心。土俵下で汗を流す若き大関は「手首は痛みも引いたが、胸は治りきっていない。ケガがケガを呼ぶことが多いから、焦らずやっていきたい」と話した。

 番付発表までの稽古が結果に直結するという。最高位を目指す上で「いい体の状態で新しい一年をスタートしたい。優勝を2回しないと横綱にはなれないから、とにかく優勝を」と昨年九州場所以来、2度目の賜杯に照準を定めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月6日のニュース