渋野日向子 地元・岡山で一日警察署長、白バイ隊員らに訓示「笑顔でいられる郷土を願っています」

[ 2019年12月6日 10:15 ]

岡山東署・一日警察署長を委嘱された渋野日向子は署員に敬礼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ゴルフの海外メジャー、全英女子オープンを制するなど今年、勇躍世界に羽ばたいた渋野日向子(21=RSK山陽放送)が6日、地元・岡山市に戻り、岡山東警察署の一日警察署長を務めた。

 一日警察署長の委嘱式に続く特別警戒出発式では白バイ隊員らを前に「私は生まれ育ったこのまちが大好きなので、皆さまがいつも笑顔でいられる郷土であることを心から願っています」と訓示を述べ、その後、パトカーで両備バスターミナルへ移動して一般市民にながら運転の防止などを呼びかけるグッズを配布するなど啓蒙活動を行った。

 警察署前には一般市民約100人、両備バスターミナルには約200人が詰め掛けて地元のヒロイン声援を送り「渋野日向子署長のスーパーショットで事件・事故をシャットアウト」の横断幕が掲げられた。

 渋野は一日警察署長の任務を終えた後、岡山市役所で同市人見絹枝スポーツ顕彰表彰式、市内のホテルでJA岡山グループによる岡山米の贈呈式、岡山県庁で同県スポーツ特別顕彰授与式に出席する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月6日のニュース