白鵬 自力でアニサキス症克服???「5日も待っていられない」その荒療治とは…

[ 2019年10月14日 17:32 ]

秋巡業の焼津市での興行で塩をまく白鵬
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬(34=宮城野部屋)がアニサキス症を自力で克服した?大相撲の秋巡業は14日、静岡県焼津市で行われ、白鵬はアニサキス症による腹痛に苦しんでいたことを明かした。数日前に生のカツオなどを食べ、その後すぐに「胃が痛くなった」とアニサキス症と見られる間歇(かんけつ)的な痛みが襲ってきたという。

 病院でアニサキスを除去しなくても痛みは5日程度で消えるものの、「5日も待っていられない」という白鵬が敢行したのは“アルコール消毒”だった。この日の興行に備えて現地入りした前夜、空腹状態でウイスキーを飲んだところ、痛みが消えたという。体調が回復したこの日は、土俵での稽古は行わなかったものの、土俵周りで体を動かした。

 アニサキスはアルコールでは殺菌できないと言われている。それでも痛みがなくなったというのは事実。優勝42回を誇る大横綱の荒療治に、もしかしたらアニサキスも恐れをなして退散したのかもしれない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース