日本の初8強 ラグビー強豪各国が絶賛の声「偉業」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

スタンドにあいさつする(左から)姫野、中村、福岡、松田、山中(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本がスコットランドを破って史上初の8強進出を決めたことに、ラグビー強豪各国では「偉業だ」と絶賛する声が上がった。

 準々決勝で日本と対戦することが決まった強豪南アフリカでは、スポーツ専門テレビ局が「度重なる日本のトライに驚がくした」と称賛。南アは前回W杯の日本戦で歴史的敗北を喫しており、地元ファンは「南アは安穏としていられない」と警戒を強めた。

 日本に1次リーグで敗れ2位突破となったアイルランドのアイリッシュ・タイムズ紙電子版は、「日本代表は自力で偉業を達成した」と絶賛した。ラグビー発祥地イングランドでは、英BBC放送が電子版で「輝かしく、容赦ない(強さの)ホスト国日本」と評価。「ラグビーの歴史がつくられた」と驚きをもって伝えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース