ウルグアイ “釜石の奇跡”残し去る…初の1大会2勝一歩及ばず

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグD組   ウルグアイ13-35ウェールズ ( 2019年10月13日    えがおS )

<ウェールズ―ウルグアイ>後半、突進するウルグアイのベルチェシ
Photo By 共同

 D組ウルグアイは初の1大会2勝にはあと一歩及ばず、1勝3敗で大会を終えた。

 優勝候補のウェールズを低く正確なタックルで苦しめた。後半30分には4年前の対戦では取れなかったトライも挙げて会場を沸かせた。メネセス監督は「選手を誇りに思っている」と話した。今大会は格上のフィジーに勝ち「釜石の奇跡」と称されるなど、インパクトを残して大会を去る。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース