ニュージーランド指揮官が日本を絶賛「間違いなく強豪」

[ 2019年10月14日 17:21 ]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の3連覇を狙うニュージーランドのハンセン監督が14日、東京都内で記者会見し、8強入りした日本を強豪の10カ国・地域を示す「ティア1」と見なすかと問われ「間違いなくそういうことになる。質の高いラグビーをしており、誇りに思うところまできている」と絶賛した。

 日本は2番手グループの「ティア2」に属する。台風19号で甚大な被害が出た中、ホスト国が躍進し「日本の皆さんが大変な中、ポジティブになる内容をつくった」と語り、被災者への同情も示した。フランカーのケーンは多くのチームメートが日本の試合を観戦したと明かし「スピードとスキルレベルが素晴らしい」とたたえた。

 19日の準々決勝の相手がアイルランドに決まり、ハンセン監督は「チャレンジを本当に楽しみにしている」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース