リーチ主将 エスコートキッズとの約束果たす「スコットランドをボコってください!」

[ 2019年10月14日 11:36 ]

<日本代表会見>歴史的な一戦から一夜明け、会見する日本代表リーチ主将(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 史上初のW杯8強進出を果たした日本代表のフランカー、リーチ・マイケル主将(31=東芝)がスコットランド戦から一夜明けた14日、横浜市内で会見を行った。

 スコットランド戦前にエスコートキッズと会話をした一幕を明かした。「緊張していますか?」。そうリーチが子どもに問いかけると「緊張しています」と返答したという。その後、「スコットランドをボコってください!」とお願いされたリーチの闘志は一気に高まった。しっかり、その約束を果たした。

 1次リーグA組1位の日本代表は20日、味の素スタジアムでB組2位の南アフリカと準々決勝で激突する。スコットランド戦はリーチ自ら「ボコる」と闘志をむき出しにしていたが、南アフリカ戦については「相手をボコるより自分たちにフォーカスする。細部にこだわって、それを出せるか。自分たちにフォーカスする時が一番強い」と力説していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース