台風でツアー史上初の“無観客”9H開催 渋野6位「ギャラリーのありがたみ感じた」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

女子ゴルフツアー スタンレーレディース最終日 ( 2019年10月13日    静岡県 東名CC=6572ヤード、パー72 )

無観客試合となり、17番グリーンで富士山を背にプレーする渋野(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 台風19号の影響により、ツアー史上初の無観客で10番から9ホールの計27ホール競技に短縮された。25位から出た全英女子オープン覇者の渋野日向子(20=RSK山陽放送)は4バーディーを奪い、ベストスコアの32。通算5アンダーの6位に順位を上げ、大会を終えた。単独首位から出た黄(ファン)アルム(31=韓国)が1バーディー、ボギーなしの35で回り通算8アンダーで今季初勝利となる通算5勝目。競技短縮により賞金加算額は75%となる。

 バーディーを重ねる渋野だが、普段と違って関係者の拍手がパラパラと鳴るだけ。「私はギャラリーさんがたくさんいる方が燃えますね。改めてありがたみを感じました」。10番と16番で2度チップインして計4バーディーで6位。賞金250万円を獲得し、賞金ランク首位の申ジエとの差は、約600万円に縮まった。

 今週は休養し、24日開幕の賞金総額2億円のマスターズGCレディースに備える。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース