福岡、今大会初スタメンで2トライ 代表史上初3戦連続「勢いを与えるプレーできた」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

後半4分、福岡が相手の腕を引っかけると、ボールがこぼれる前に自分でキャッチ、そのままトライを決める(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 自分自身の力で奪ったトライの味は格別だった。後半2分の守備。CTBラファエレが素早い出足で相手を止めると、WTB福岡が立ったまま相手に絡む。前にこぼれる寸前だったボールを拾うと、瞬時に加速し45メートルを独走した。途中出場のアイルランド戦、サモア戦で挙げたトライは「チームがつないでくれたトライ」。ようやく満足のいくトライを奪い、堀江に抱きかかえられて祝福を受けた。

 「自分自身が今回初スタメンとして勢いを与えるプレーを目標にやってきたので、それができたという意味では本当に良かった」

 W杯の前哨戦だった9月6日の南アフリカ戦で右ふくらはぎを痛め、開幕戦は欠場した。懸命のリハビリで今大会初先発すると、前半17分に左サイドを切り裂きWTB松島のトライをアシスト。39分にはラファエレの巧みなゴロキックを獲得し、インゴールへ。W杯3試合連続トライは、日本代表史上初の快挙だ。

 来年の東京五輪挑戦後は引退し、医師を目指すことを決めている。きっかけを与えてくれたのが母方の祖父、崎村正弘さん(82)。福岡県宗像市で長年開業医として活躍し、地元住民から頼りにされる姿を見てきた福岡が、同じ道を目指すことを決めたのは幼少期。ラグビー選手として大成しても、その意志はぶれない。

 その祖父から一度だけ“引退勧告”を受けたことがある。浪人生として2度目の国立大医学部の前期試験に失敗した12年3月。不合格の知らせを受け、後期試験を前に、崎村さんに「医学部一本に絞った方がいい」と助言された。だが当時19歳の福岡は、尊敬する祖父に「ラグビーを続けたいんだ!」と強い口調で言い返したという。崎村さんは「強い言葉だった。一番印象に残っている」と振り返る。その意志の強さが2度目のW杯で輝くまでの道を切り開いた。

 次は4年前に出られなかった南アフリカ戦。福岡個人にとってはリベンジの場だ。「日本のラグビーの新しい歴史をさらに塗り替えたい」。新しい歴史を、自分のトライで紡いでいく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース