姫野、ジャッカルでピンチ防いだ 8強入りに「最高!」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

攻守で存在感を示した姫野(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 No・8の姫野が攻守で貢献した。相手タックルをはじき飛ばして前進し、密集で相手ボールに絡む得意の「ジャッカル」でピンチの芽も摘んだ。「最高!のひと言に尽きる。ここを突破するために4年間、ハードワークしてきた」。

 15年大会は帝京大3年で、スコットランド戦の敗戦をテレビで見ていた。「負けたけど感動や勇気をもらった。代表になりたいと思った」。あれから4年、主力に成長。8強進出にも「最初の目標は達成できた。次は優勝を目指す」と闘志をさらに高めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース