国学院大 出雲駅伝初V アンカー・土方が駒大逆転 青学大は連覇ならず5位

[ 2019年10月14日 15:23 ]

初優勝を果たした国学院大アンカーの土方英和
Photo By 共同

 学生3大駅伝の初戦、第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走は14日、島根・出雲大社正面鳥居前から出雲ドーム前まで6区間45・1キロで行われ、国学院大が2時間9分58秒で初優勝。学生駅伝3冠へ向け、まずは1冠を制した。

 1区の藤木宏太(2年)は4位でたすきをつなぎ、2区の中西大翔(1年)が3位まで追い上げた。3区は浦野雄平(4年)がトップを走る駒大の田澤を追い、4秒差の2位まで詰め寄った。

 4区では青木祐人(4年)が4位まで順位を落としたが、5区を走った茂原大悟(4年)がペースをキープ。そのまま、アンカーの土方英和(4年)へたすきが渡ると、ハイペースで快走した。途中で苦しい表情を見せるも、残り600メートル付近で駒大・中村大聖(4年)を一気に追い抜き、そのまま引き離して笑顔でフィニッシュ。見事、トップでゴールテープを切り、2時間9分58秒で初優勝を果たした。

 2位が駒大、3位は東洋大で、2連覇を狙った青学大は5位に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース