松島、反撃のろしトライ スタジアムの空気変えた30メートル独走「無我夢中」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

前半、トライを決める松島(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ジャパンの反転攻勢は、WTB松島から始まった。0―7の前半17分。左隅で福岡が決死のオフロードパス。そこに走り込んだのが、松島だった。両手でボールをキャッチし、あとは独り旅。インゴールに飛び込み、約30メートルの独走トライだ。「無我夢中だった。得点したい気持ちが強かった」。恥ずかしがり屋な男がボールを放り投げて喜びを爆発。「あれはパフォーマンスです」と笑った。終盤には自陣深くで相手のグラバーキックを必死にキャッチ。死力を尽くした。

 松島と福岡。2人の快足ウイングは“Wフェラーリ”の異名を取る。その両輪で魅せ、松島は今大会通算5トライ目。ランキングトップに並び、トライ王も射程圏だ。「試合が終わってみれば、そういう気持ちが出てくる。そういったところを狙いたい」と宣言した松島は「堅樹も狙える。いい刺激になっている」とも語る。互いの活躍が、相乗効果となっている。松島はW杯通算6トライで自身の日本代表の最多記録も更新した。

 2度目の大舞台。過度の重圧はない。「前回大会の経験が生きて、変な緊張もせず、周りも見えている」。快足ウイングが躍動する秘けつは、経験に裏打ちされた広い視野。それでも、この試合は自然と力が入った。スタンドでは全国優勝を果たした桐蔭学園高時代の恩師・藤原秀之監督が観戦。高校3年間を過ごした神奈川で快挙を成し遂げ、「勝利を届けられてよかった」とはにかんだ。

 目標の8強入りは果たしたが、その先にはまた分厚い壁がそびえ立つ。次戦は南アフリカ戦。桐蔭学園卒業後に武者修行した国でもある。「フィジカルで避けないで当たりにいく。自分たちのラグビーを戦術通りできるか」。全てはこの時のため。松島は全身全霊を注ぐ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース