米国 逆転負けで全敗も…指揮官「本当にたくさんのことを学べた」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグC組   米国19-31トンガ ( 2019年10月13日    花園 )

<米国―トンガ>後半、タックルを受ける米国のマレン
Photo By 共同

 米国は前半を12―7とリードしたが、後半はトンガの積極的な攻撃の前に逆転負け。それでもゴールド監督は「とても満足している。選手が最後までファイトを見せてくれた」とフィフティーンを称えた。

 今大会はティア1のイングランド、フランス、アルゼンチンとも戦った。結果は全敗だったが「本当にたくさんのことを学べた。素晴らしいチームと戦えた」と収穫を得てW杯を終えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース