トンガ ピウタウ主将、34歳誕生日に“有終トライ”「最高の終わり方できた」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 1次リーグC組   トンガ31―19米国 ( 2019年10月13日    花園 )

<米国―トンガ>前半、突進するトンガのピウタウ
Photo By 共同

 1次リーグC組のトンガは米国を31―19で下して1勝3敗、米国は4連敗で終えた。

 トンガは34歳の誕生日で、代表としての引退試合となったCTBピウタウ主将が、17―12で迎えた後半21分、米国を突き放すトライを決めた。

 同41分には、FBベヌーのトライ後のコンバージョンキックを全選手がグラウンドに入り肩を組んで見守る前で成功させ、ノーサイド。「最高の終わり方ができた。いい誕生日になった。(代表選手は)これで終わりだが、コーチとして戻って来たい」。今大会初勝利で締めた主将は、自身3度目のW杯をすがすがしい笑顔で終えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月14日のニュース