NBA八村、サマーリーグで初実戦「比江島さんと戦えるチャンスが楽しみ」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

ペリカンズ戦に向けて調整するウィザーズの八村
Photo By 共同

 米プロバスケットボールNBAで、ウィザーズのドラフト1巡目新人の八村塁(21)は6日(日本時間7日)にサマーリーグのペリカンズ戦で初の実戦を迎える。5日はチームの練習に参加し「いい感じになっている」と笑みを浮かべた。

 ペリカンズには今大会最大の目玉、ドラフト全体1位指名のザイオン・ウィリアムソンがいる。主催者によると6日のチケットは完売。1巡目指名同士の対決を「人も多く集まると聞いている」と待ち望んでいた。

 八村がウィリアムソン以上に心躍らせるのが、日本代表の同僚でペリカンズの一員として参加している比江島慎(栃木)との対決。「比江島さんと戦えるチャンスがある方が楽しみ」と語った。

 サマーリーグには他にもグリズリーズとツーウエー契約の渡辺雄太、同じ富山県出身の馬場雄大(A東京)と計4人の日本人選手が参戦する。八村は「日本人は今まで、1人出るか出ないかくらいだった。こうやって4人出ることは凄いこと」と日本バスケ界にとっての意義を強調した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月7日のニュース