一山麻緒が自己ベストで優勝 函館マラソン女子ハーフの部

[ 2019年7月7日 13:57 ]

 函館マラソンは7日、北海道・千代台陸上競技場発着で行われ、女子ハーフの部で東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(9月15日、MGC)」に出場する一山麻緒(22=ワコール)が自己ベストとなる1時間8分49秒で優勝した。2位は1時間9分47秒で安藤友香(25=ワコール)と、ワコール勢がワンツーフィニッシュした。

 MGC出場選手を抑えての優勝に一山は「今日は自分の方が良かったがあと2カ月ある。しっかりトレーニングしたい」と気を引き締めていた。3位は前田穂南(22=天満屋)が1時間10分23秒だった。男子は高久龍(26=ヤクルト)が1時間2分43秒でMGC勢最高の2位となった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月7日のニュース