女子50キロ級、入江が世界女王・須崎を撃破「負けを生かせて良かった」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

レスリング代表決定プレーオフ・女子50キロ級   入江6―1須崎 ( 2019年7月6日    埼玉県・和光市総合体育館 )

須崎(左)に勝利し、ガッツポーズする入江(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 全日本覇者の入江ゆきが2年連続世界女王の須崎優衣を破り、初の世界選手権出場を決めた。仕掛けてくる須崎を冷静にさばいてポイントを積み重ね、6―1で快勝。普段は全く表情を変えない26歳も、さすがに感極まったが、インタビューでは「勝ててうれしいです」と淡々と話した。

 昨年のプレーオフと今年6月の全日本選抜でいずれも逆転負けした相手に雪辱し「負けを生かせて良かった」と振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月7日のニュース