16強進出の錦織 4回戦は8日第2コート第3試合 世界58位ククシュキンと激突

[ 2019年7月7日 06:07 ]

テニス ウィンブルドン選手権第6日 ( 2019年7月6日    英ロンドン・オールイングランド・クラブ )

16強に進出した錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子シングルス3回戦に臨んだ世界ランク7位で第8シードの錦織圭(29=日清食品)は同71位のスティーブ・ジョンソン(29=米国)を6―4、6―3、6―2で下し、16強進出を果たした。2年連続で駒を進めた4回戦の対戦相手はミハイル・ククシュキン(31=カザフスタン)となる。7日は休養日となり、錦織の4回戦は8日の第2コート第3試合となることが発表された。

 世界ランク58位のククシュキンは、同33位のヤンレナルト・シュトルフ(29=ドイツ)に6―3、7―6、4―6、7―5で3回戦を突破した。錦織はククシュキンに過去8戦全勝している。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月7日のニュース