新小結2人が闘志新た 阿炎「思い切りいきたい」竜電「変わらずいい相撲を」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

7日初日 大相撲名古屋場所

土俵祭に出席した(左から)阿炎、御嶽海と高安
Photo By スポニチ

 三役以上の力士が出席する土俵祭りに初めて参加した新小結2人が闘志を新たにした。阿炎は腰痛について「気にするほどじゃない。気持ちが高まっているから大丈夫」と軽症を強調。初日の横綱・白鵬戦に「負けても勝っても思い切りいきたい」と意気込んだ。

 竜電は「(土俵祭りに初参加して)いい経験をさせてもらいました。身が引き締まる」と厳粛な雰囲気を感じた様子。初日の鶴竜戦に「変わらず、いい相撲を取るだけ」と平常心で臨めるよう準備する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月7日のニュース