“サオリン2世”黒後、定位置確保へ「納得できる試合したい」

[ 2018年5月22日 05:30 ]

国内初戦に向けて意気込みを語る黒後
Photo By スポニチ

 バレーボール女子の国際大会、ネーションズリーグ豊田大会はう22日、愛知・スカイホール豊田で開幕する。21日は豊田市内で前日会見が行われ、日本代表の中田久美監督(52)は、今秋日本で開催される世界選手権に向け「いろんな選手を試したい。サバイバルもかかっている」と選手たちに奮起を促した。

 日本は初戦で世界ランク2位米国と激突する。ブラジル大会で全日本デビューを果たした“サオリン2世”黒後愛(19=東レ)は「ブラジルでの反省を克服して納得できる試合をしたい」と定位置確保に闘志を燃やした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース