藤島審判長 白鵬は「ズラすのに必死」、琴奨立ち合いに苦言も

[ 2018年5月22日 06:10 ]

大相撲夏場所9日目   ○白鵬―琴奨菊● ( 2018年5月21日    両国国技館 )

白鵬(上)が上手投げで琴奨菊を下す
Photo By 共同

 大相撲の夏場所9日目、藤島審判長(元大関・武双山)が琴奨菊戦の白鵬の立ち合いについて「最近は(真っすぐ当たらず)ズラすのに必死。それだけ(真っすぐ当たるのが)怖いんでしょう」と指摘した。

 また、十分に手をつかずに立った白鵬と、その動きにつられるように立った琴奨菊に苦言。「(手を)ついていない。厳密に言ったら(他の取組にも)何度も止めなきゃいけない(ものがある)。でも(その都度)止めたら、お客さんは興ざめ。(手をついてから立つことは)ルールだから、いちいち言うことじゃない。各師匠や親方が稽古場で指導していないということ。あまりにも立ち合いが悪かったら審判部長が言うんじゃないですか」と語気を強めていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース