栃ノ心、9連勝で大関昇進“目安”到達、それでも目標2桁に気合

[ 2018年5月22日 05:30 ]

大相撲夏場所9日目   ○栃ノ心―大栄翔● ( 2018年5月21日    両国国技館 )

全勝をキープし、ファンに祝福されながら引き上げる栃ノ心(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 栃ノ心が危なげなく大栄翔を退けた。負けなしの9連勝に「気持ちいいね。疲れてないよ」と笑顔を見せた。大関昇進の目安とされる3場所計33勝にも到達。それでも平成以降に誕生した大関は、全て昇進を決めた場所で10勝以上を挙げている。今日の10日目は師匠、春日野親方(元関脇・栃乃和歌)の誕生日。栃ノ心は「目標は2桁。あと1勝やな。勝たないと」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース