関東学生アメフット連盟15大学が宣言「真摯な姿勢で取り組む」

[ 2018年5月22日 05:30 ]

日大アメフット部悪質タックル問題

 関東学生アメリカンフットボール連盟の1部リーグに所属する15大学の監督らが21日、日大の選手が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題を受け「フットボールは人生を豊かにしてくれるもの。心から愛するスポーツに対して今後も真摯(しんし)な姿勢で取り組んでいく」との共同宣言を発表した。関係者によると、日大は「判断できない」として名前を連ねなかった。

 宣言では「“危険なスポーツ”どころか“野蛮なスポーツ”と感じる方が増えてきている。日本のフットボールが将来も存続し得るのか、極めて強い危機感を持っている」と懸念を表明。「対戦相手へのリスペクトや最高のスポーツマンシップ、フェアプレー精神を持つことが大前提。より高いレベルの精神を備えることができるよう、謙虚に取り組んでいく」と誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月22日のニュース