十両の明生が勝ち越し 琴恵光、剣翔とともにトップに並ぶ

[ 2018年5月22日 16:16 ]

大相撲夏場所10日目 ( 2018年5月22日    両国国技館 )

 新入幕を目指す東十両4枚目の明生(22=立浪部屋)が勝ち越しを決めた。立ち合いで低く鋭く当たり、大翔鵬がはたいたところで前に出て、左上手を取って寄り切った。

 「脇を締めて当たればなんとかなると思った」。2日目から7連勝で迎えた9日目は土俵際で逆転したかに見えたが、行司軍配差し違えで勝ち越しはお預けとなっていた。この日は黒星を引きずることなく快勝し、「いい相撲だった」と自賛した。単独トップだった矢後が貴源治に敗れて2敗となったため、同じく勝ち越しを決めた琴恵光、剣翔とともにトップに並んだ。

 昨年九州場所から十両の4枚目以内を維持し続け、「幕内は意識している」という。十両8場所目で自己最速勝ち越しを決め、「残り5日間、いい相撲が取れるか楽しみ」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース