NHL東地区決勝は最終第7戦へ キャピタルズが粘って3勝3敗

[ 2018年5月22日 17:36 ]

24セーブで完封したキャピタルズのGKホルトビー(AP)
Photo By AP

 NHLは21日(日本時間22日)、ワシントンDCで東地区決勝の第6戦を行い、地元で地区3位のキャピタルズが3―0で1位のライトニングを下して3勝3敗。勝負は23日にタンパ(フロリダ州)で行われる最終第7戦に持ち込まれた。

 20年ぶり2度目のスタンレー杯決勝を目指すキャピタルズはGKブレイデン・ホルトビー(28)が24セーブで今プレーオフでは初完封。3年ぶり3度目の東地区制覇を狙うライトニングはロードでは6戦5勝だったが、決め手を欠いてノーゴールに終わった。

 なお西地区ではエクスパンション(球団拡張)で誕生したゴールデンナイツが、チーム創設初年度ですでにスタンレー杯決勝進出を決めている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース