日大選手会見 代理人弁護士「監督から反則指示があったことの説明と、謝罪のための会見」

[ 2018年5月22日 15:10 ]

日大の宮川泰介選手
Photo By スポニチ

 アメリカンフットボールの悪質反則問題で、関学大QBを負傷させた日大の宮川泰介選手(20)が22日午後、都内で会見を開いた。冒頭、代理人弁護士は「監督、コーチから反則行為の指示があったことを明らかにするため」「被害選手とその家族、関学アメフト部の関係者、その他の関係者への謝罪をするため」と会見に至った経緯を説明。また、宮川選手から「顔を出さない謝罪はない」という話があったことを明らかにした。

 日本中に物議を醸した反則プレー。19日付で辞任届が受理された内田正人前監督(62)の指示の有無が最大の焦点になっていた。

 日大広報部は内田監督が学内の調査に「違反しろとは言っていない」と述べたと発表。また、15日付の関学大への回答書には「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きたことが問題の本質」としていた。内田監督は19日に関学大を訪れ謝罪したが、指示については明言を避けていた。

 問題が起きたのは、6日に行った両校の51回目の定期戦。パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大のQBに対し、当該選手が背後から走り込んでタックル。関学大の選手は全治3週間のけがを負った。当該選手はさらに反則行為を続け、資格没収(退場)になっていた。

 会見で宮川選手は、コーチを通じ内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明。「ここでやらなければ後がない」と思い、悪質なタックルをする意思を伝えたことに対し、内田前監督は「やらなきゃ意味ないよ」と話したと語った。

 また、宮川選手は危険なタックルをした試合後に退部を申し出たが、内田前監督らに引き留められたと述べた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース