7人制男子代表新HCに岩渕氏「大きな責任」、7月W杯8強だ

[ 2018年5月22日 05:30 ]

7人制男子日本代表の新ヘッドコーチ就任が決まり、記者会見する岩渕健輔氏
Photo By 共同

 日本ラグビー協会は5月末で契約満了するダミアン・カラウナ氏(43)に代わる男子7人制日本代表の新ヘッドコーチに、岩渕健輔氏(42)が就任すると発表した。男女7人制総監督と兼任する。

 岩渕氏は現役時代に15人制、7人制両方の日本代表を経験し、海外でもプレー。15年W杯はGMとして日本代表を支え、その後は男女7人制の強化に携わってきた。都内で会見に臨んだ岩渕氏は「本当に大きな責任。いいチームをつくりたい」と意気込みを語った。7月のW杯(米サンフランシスコ)での8強入りが当面の目標となる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース