PR:

日大選手 内田前監督との信頼関係問われるも歯切れ悪く「そもそもお話する機会がない」

日大の宮川泰介選手
Photo By スポニチ

 アメリカンフットボールの悪質反則問題で、関学大QBを負傷させた日大DL宮川泰介選手(20)が22日、都内で会見を開き、関学大の選手や保護者をはじめ、関係者に謝罪。 悪質プレーの背景について、内田正人監督(62)とコーチの指示に基づいて反則したと主張した。

 宮川選手はコーチを通じ内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明。「ここでやらなければ後がない」と思い、悪質なタックルをする意思を伝えたことに対し、内田前監督は「やらなきゃ意味ないよ」、試合直前にコーチからも「できませんでしたじゃすまされない」と言われたと説明した。

 プレー直後に後悔で泣いたという宮川選手は「(大変なことをしてしまったという思いが)直後からありました」としつつ、そうしてしまったのは「自分で判断できなかった、自分の弱さだと思う」と振り返った。

 会見では、関学大側に直接の謝罪を申し入れるも、内田前監督から「止められた」ことも公表。父親から内田前監督に対し、監督、コーチから対戦校のQBにケガを負わせろと指示があり、選手はそれに従っただけの旨の公表を求めたが、公表できないと言われたことも明かした。

 プレーについて、日大側が関学大に出した回答書では「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きたことが問題の本質」と説明された。そのことについて、宮川選手は「(乖離はなかった?)はい。自分としてはそう言う意味(相手にケガをさせること)としかとらえられなかった。もうやるしかないと…」と当時の心境を率直に語った。

 そういった中で、内田前監督、コーチ陣に信頼はあったか?との質問には、少し間を置き、言葉を選びつつ、「井上コーチに関しては高校2年生の時から監督をやっていただいたので、その頃から信頼はしていたのかもしれないです」。改めて内田監督についても聞かれたが「そもそもお話する機会が本当にないので、信頼関係と呼べるものはわからないです」と歯切れは悪かった。

[ 2018年5月22日 17:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:08月16日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画