フェアリーJがメーク講習会参加、今年は「大人っぽさ」で勝負

[ 2018年5月22日 05:30 ]

真剣な眼差しで顔を見つめる鈴木(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 新体操の日本代表「フェアリージャパン」が21日、9月の世界選手権(ブルガリア)に向け、都内でメーク講習会に参加した。

 世界選手権で4つのメダルを獲得した昨年のメークは「誘惑」がテーマだったが、今年は「大人っぽさ」で勝負。太めのアイラインが特徴で、枡浩史・美容コーチは「他競技の選手、海外の歌手、YouTuberのメークも参考にした」と説明する。杉本早裕吏(22=トヨタ自動車)は「昨年と違う雰囲気で、新鮮な気持ち」と笑顔。新メークで2大会連続の表彰台を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年5月22日のニュース