上原 29位浮上、ショット安定 決勝Rへ「ついていきたい」

[ 2018年3月18日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ファウンダーズ・カップ第2日 ( 2018年3月16日    米アリゾナ州フェニックス ワイルドファイアGC=6679ヤード、パー72 )

ファウンダーズ・カップ第2日 通算3アンダーで29位の上原
Photo By 共同

 第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われ、60位から出た上原彩子(34=モスバーガー)は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算3アンダーで首位と6打差の29位に浮上した。同じく60位発進の畑岡奈紗(19=森ビル)は73と落として通算1オーバーで予選落ち。シドニー・クラントン(28=米国)が9アンダーで首位に立った。

 3番でフェアウエーから2メートルのチャンスにつけるなど、上原は安定したショットを軸にスコアを伸ばした。それでも「感触は良くない。良くなってきたらもっとスコアも伸ばせる」と満足していなかった。トップとは6打差。第3ラウンドを見据え「みんな伸ばしてくると思うので、自分も負けずについていくように頑張りたい。修正して気持ち良くプレーしたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年3月18日のニュース