ハレプ惨敗、ミス連発「集中力なかった」も復帰戦4強に前向き

[ 2018年3月18日 05:30 ]

テニス BNPパリバ・オープン女子シングルス準決勝   ハレプ0―2大坂 ( 2018年3月16日    米カリフォルニア州インディアンウェルズ )

テニスBNPパリバ・オープン女子シングルス準決勝 ハレプ(左)を破って決勝進出を決めた大坂
Photo By ゲッティ=共同

 ハレプは試合が進むにつれてミスを連発した。「全くいいボールが打てず、集中力がなかった。遅い時間での試合や肌寒い天気にも適応できなかった」と5度のブレークを許し、世界1位の存在感を示せなかった。右かかと痛から1カ月ぶりの復帰戦とあって4強入りには前向き。

 20歳対決の決勝については、「大坂はパワーがあり、カサキナはトップスピンを使って球際が強い。2人とも決勝を戦うに値する選手」と好勝負を期待した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年3月18日のニュース