渡辺・東野組が初の決勝進出 バド全英オープン混合ダブルス

[ 2018年3月18日 05:30 ]

 バドミントンの全英オープンは17日、英・バーミンガムで各種目の準決勝が行われ、混合ダブルスで渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が第8シードの張楠、李茵暉組(中国)を2―0で破り、初の決勝進出を果たした。

 日本勢3組が4強入りした女子ダブルスは永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が16年リオデジャネイロ五輪銀メダルのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)に0―2で敗れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年3月18日のニュース