鶴竜、魁聖が全勝守りストレート勝ち越し 1敗は大奄美1人

[ 2018年3月18日 18:03 ]

<大相撲春場所8日目>隠岐の海(左)を押し出し、ストレート給金の魁聖
Photo By スポニチ

 大相撲春場8日目は18日、エディオンアリーナ大阪で行われ、一人横綱の鶴竜は松鳳山をはたき込みで下し8連勝。魁聖も隠岐の海を押し出し8連勝とし、ともに勝ち越しを決めた。

 大関陣はともに6勝目を挙げた。高安は貴景勝を押し出し、豪栄道は琴奨菊を寄り切った。

先場所優勝の関脇栃ノ心は関脇御嶽海を肩透かしで下し、6勝目。御嶽海は3敗目を喫した。

 大翔丸が敗れ2敗目を喫したため、1敗は大奄美た一人となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年3月18日のニュース