ともに予選落ち…小平、グリーンに苦闘、勇太はパット決まらず

[ 2018年3月18日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー アーノルド・パーマー招待第2日 ( 2018年3月16日    米フロリダ州オーランド ベイヒル・クラブ=7419ヤード、パー72 )

アーノルド・パーマー招待第2日 11番でバンカーショットを放つ小平。通算8オーバーで予選落ち
Photo By 共同

 小平、池田はそろって予選落ち。今大会初出場の小平は、「人生で一番速いと思った」というグリーンに手を焼き30パットを叩いた。池田も終盤はパットが決まらず「悪いパットじゃなかったのに」と悔しがった。

 ともに次週のデル・マッチプレー(21日開幕)に出場予定。小平は「マッチプレーなのでがんがんいける」、池田も「スコアより相手を見てやるマッチプレーは、今は向いている」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年3月18日のニュース