奥原&山口 女子単4強、男子は桃田敗れる バド ドイツOP

[ 2018年3月11日 05:30 ]

 バドミントンのドイツ・オープンは9日、ミュルハイムで各種目の準々決勝が行われ、女子シングルスで奥原希望(日本ユニシス)は川上紗恵奈(北都銀行)を2―1で下し、米国選手に勝った山口茜(再春館製薬所)とともに、準決勝に進んだ。

 男子シングルスは西本拳太(トナミ運輸)が4強入りしたが、桃田賢斗(NTT東日本)は敗れた。ダブルスでは男子の井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)、女子の福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)が準決勝進出。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月11日のニュース