松本遥奈、日本女子初の表彰台 平昌五輪に続き存在感

[ 2018年3月11日 08:42 ]

USオープン女子ハーフパイプ ( 2018年3月10日    米コロラド州ベイル )

松本遥奈
Photo By スポニチ

 スノーボードのUSオープン女子ハーフパイプで、松本遥奈(24=クルーズ)が78・75点で3位となり、日本女子史上初の表彰台に上がった。

 2回目を終えて68・49点で3位。他の選手がスコアを伸ばし、5位まで後退して迎えた3回目は、3回転のフロントサイド1080に成功し、滑り終えると両手を突き上げた。78・75点までスコアを伸ばし、昨年の5位を上回る好成績。日本女子最高の6位入賞を果たした平昌五輪に続いて存在感を示した。

 平昌五輪金メダルのクロエ・キム(17=米国)が85・87点で優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月11日のニュース