貴ノ岩 168日ぶり復帰へ、貴親方「相手より自分がどうか」

[ 2018年3月11日 05:30 ]

11日初日大相撲春場所 ( エディオンアリーナ大阪 )

朝稽古で汗を流す貴ノ岩
Photo By 共同

 昨年9月の秋場所千秋楽以来168日ぶりの復帰となる貴ノ岩は貴乃花部屋で四股やすり足など基本運動を繰り返し、最終調整。貴ノ岩は「頑張ります」とひと言。貴乃花親方は「少し土俵を離れていたので、やってみないとわからない。体調も気候も変わりますし本人が確認しながらやると思う」と静かに稽古を見守った。

 2月下旬に稽古を再開し、相撲を取り始めたのは今月7日から。実戦不足の不安は否めないが、本場所の取組の中で感覚を取り戻していく方針だ。事件後2場所休場して番付は十両12枚目。十両の土俵に上がるのは15年九州場所以来となる。初日の相手は初対戦の翔猿。貴乃花親方は「死力を尽くします、出場させてくださいと言ってきた。相手より自分がどうあるべきかでしょう」と愛弟子の心意気を買っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月11日のニュース