最年長61歳GK福島の攻守実らず、厳しく自己採点「50点」

[ 2018年3月11日 05:30 ]

平昌パラリンピック 男子アイスホッケー   日本1―4韓国 ( 2018年3月10日 )

平昌パラリンピック パラアイスホッケー<日本・韓国>第3ピリオド、韓国に2点目を奪われるGK福島(左)
Photo By 共同

 男子アイスホッケーは日本選手団最年長61歳のGK福島の再三の好セーブが実らなかった。韓国から24本のシュートを浴びて4失点。自分の出来について「50点ぐらいじゃないですか」と厳しく評価した。

 第2ピリオドに遠めからのシュートで先制点を許し「あの1失点が悔やまれる。ちょっと調子に乗せてしまった」と悔しさをにじませた。ただ銀メダルに輝いた10年バンクーバー大会以来となる4度目の舞台で落ち着いたプレーぶりは光った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月11日のニュース