貴ノ岩172日ぶり白星!傷害事件乗り越え土俵復帰、場内は拍手と大歓声

[ 2018年3月11日 14:45 ]

翔猿(右)を寄り切り白星発進の貴ノ岩
Photo By スポニチ

 昨年10月に元横綱・日馬富士に暴行を受け、2場所連続全休していた十両・貴ノ岩(28=貴乃花部屋)が昨年9月の秋場所千秋楽以来168日ぶりの復帰を果たした。翔猿(25=追手風部屋)を下し172日ぶりの白星を飾った。

 十両の土俵入り。名前を告げられ土俵に上がると観客に大きな拍手で迎えられ「貴ノ岩!」「頑張れー!」と歓声を浴びた。

 立ち合いではしっかり左から踏み込み相手に圧力をかけると、最後は土俵際で粘る翔猿を寄り切った。勝ち名乗りを受けると一つ息を吐き、ホッとした表情。一礼して引き揚げるときには場内から拍手と歓声で祝福された。

 事件後2場所休場して番付は十両12枚目。十両の土俵に上がるのは15年九州場所以来となる。2月下旬に稽古を再開し、相撲を取り始めたのは今月7日から。実戦不足の不安は否めなかったが、初日に白星をつかんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月11日のニュース