世界卓球団体戦女子代表に15歳長崎抜てき、ボールの威力評価

[ 2018年3月11日 05:30 ]

 4月29日開幕の卓球世界選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタード)の女子代表に、15歳の長崎美柚(みゆう)が大抜てきされた。

 世界ランク128位は日本勢で20番手だが、石川、平野、伊藤、早田に次ぐ5人目として代表入り。宮崎強化本部長は「最近の成長が著しい。現時点で間違いなく日本選手の中で一番ボールの威力がある」と説明した。男子は既に決まっていた水谷、張本、丹羽の他、松平健、大島が代表に選ばれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月11日のニュース