坂本 四大陸選手権で逆転初∨ もう一人の五輪代表・宮原に雪辱 日本勢表彰台独占は5年ぶり

[ 2018年1月26日 21:30 ]

フィギュアスケート四大陸選手権第3日・女子フリー ( 2018年1月26日    台湾・台北 )

<フィギュアスケート四大陸選手権第3日>女子フリー、演技を終えガッツポーズをする坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は26日、台湾・台北で行われ、女子フリーはショートプログラム(SP)で2位につけた平昌五輪代表の坂本花織(17=シスメックス)が、自己ベストを更新する合計214.21点で同じく五輪代表の宮原知子(19=関大)を逆転し、初優勝を飾った。

 昨年の大会覇者・三原舞依(18=シスメックス)は合計210.57点で2位、全日本選手権覇者の宮原はジャンプでの転倒や回転不足もあり207.02点で3位に終わった。

 日本勢の優勝は3年連続で、表彰台独占は5年ぶり3度目。2003年に村主章枝が金、荒川静香が銀、中野友加里が銅、2013年には浅田真央が金、鈴木明子が銀、村上佳菜子が銅メダルに輝いた。

 坂本は表情豊かな演技で3回転フリップ―3回転トーループなどジャンプもすべて着氷し、全要素の出来栄えで加点を引き出す内容で、フリーの自己ベストを1.68点更新する142.87点をマーク。SPに続く自己ベスト更新で、SPでの宮原との0.4点差をはね返し、逆転優勝。昨年12月の全日本選手権で宮原に次ぐ2位に終わった雪辱を果たした。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年1月26日のニュース