炎鵬が勝ち越し 白鵬直伝の左からの下手投げ決まった!

[ 2018年1月26日 16:02 ]

大相撲初場所13日目 ( 2018年1月26日    東京・両国国技館 )

 東幕下6枚目の炎鵬(23=宮城野部屋)が、湘南乃海を下し勝ち越しを決めた。

 部屋の横綱、白鵬直伝の技がきまった。相手の足を右手で押さえながら、左からの下手投げ。「(白鵬から)いつ使うの?と言われていたので、ほっとしました」。

 アマチュアの世界選手権の軽量級を連覇した逸材。体重100キロに満たない小兵ながら、多彩な技で関取目前まできた。4勝3敗で今場所を終え、「もっと足技を覚えたい」とどん欲だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年1月26日のニュース