ゴンザガ大が快勝 八村は2得点のみ ライバルのセントメリーズ大は15連勝

[ 2018年1月26日 15:59 ]

 全米大学男子バスケットボールでAP15位にランクされているゴンザガ大は25日、ポートランド大を95―79(前半46―30)で下して18勝4敗。所属のウエストコースト・カンファレンス(WCC)では8勝1敗となった。

 八村塁(2年)はベンチから出て12分出場したが、今季最少タイの2得点のみ。ターンオーバーを4回犯すなど精彩を欠き、連続2ケタ得点は9試合でストップした。

 WCCでゴンザガ大のライバルとなっているAP16位のセントメリーズ大はブリガムヤング大を75―62(前半33―30)で退けて20勝2敗。破竹の15連勝を飾って、WCC内では9戦全勝とした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年1月26日のニュース