栃煌山 左大胸筋肉離れで休場、十両以上10人目 全治1カ月

[ 2018年1月26日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2018年1月25日    両国国技館 )

 東前頭8枚目の栃煌山が「左大胸筋肉離れで全治1カ月を要する」との診断書を日本相撲協会に提出して休場した。11日目を終えて6勝5敗だった。休場は14年名古屋場所以来4度目。今場所の十両以上の休場は再出場者を含め10人目となった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月26日のニュース