小平 最終ホールのイーグルに安ど「首の皮一枚つながった」

[ 2018年1月26日 05:30 ]

男子ゴルフツアー レオパレス21ミャンマー・オープン第1日 ( 2018年1月25日    ミャンマー パンライン・ゴルフクラブ=7103ヤード、パー71 )

ミャンマー・オープン第1日、ティーショットを放つ小平
Photo By 共同

 前週2位の小平が最終ホールで快打を見せた。17番まで5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーと出入りが激しく、イーブンパーで迎えたパー5。残り93ヤードからSWで放った第3打を直接カップへ入れるイーグルで、2アンダーとして終えた。

 「最後は良かった。首の皮一枚つながった」と胸をなで下ろす。「調子は悪くない。いい感じで回れているのに、乗り切れていない」と首をひねっていた。

 ▼34位石川遼 先週の最終日からショットが悪い。まずはそこを修正したい。(4バーディー、3ボギー)

 ▼52位宮里優作 前半から駄目だった。2日目は切り替えていく。(昨年6位。52位と出遅れ)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年1月26日のニュース