ウッズ 帝王ニクラウス超えに意欲「4大大会でもっと勝つ」

[ 2016年10月21日 09:12 ]

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(40=米国)が20日(日本時間21日)にCBSで放送予定のインタビューで4大大会の勝利に意欲を見せている。

 ウッズは昨年8月のウィンダム選手権に出場して以来、腰の手術などでツアーを長期欠場中。2016~17年シーズン開幕戦のセーフウェー・オープンで復帰を予定していたが、「ツアーでプレーする準備ができていない」との理由で、直前に出場を取りやめた。

 4大大会では通算14勝のウッズ。2008年の全米オープン以来、メジャータイトルから遠ざかっているが、ジャック・ニクラウスが持つ歴代1位の18勝を視野に入れているという。聞き手からニクラウスの18勝について問われると、「もっと勝つ考えだ」とコメント。それはニクラウスの記録を破る意味かと確認され、力強く「その通り」と続けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース