愛1差2位 遊園地リフレッシュ効果で狙うは逆転女王

[ 2016年10月21日 05:30 ]

女子ゴルフツアーNOBUTA GROUP マスターズGCレディース第1日 ( 兵庫県三木市 マスターズGC=6523ヤード、パー72 )

1番でティーショットを放つ鈴木愛
Photo By スポニチ

 鈴木は後半の5、6番で2・5メートル、7番で10メートルをねじ込んで3連続バーディーを奪うなど68で回り、首位と1打差の2位発進に「前半はチャンスらしいチャンスがなかったが、後半の1番でバーディーが取れて波に乗れた」と振り返った。

 先週は試合を休み、友人と六本木、八景島シーパラダイス、よみうりラウンドに出掛けリフレッシュ。なかでも八景島シーパラダイスで見た、ワニのような頭を持つ北米原産の肉食魚「アリゲーターガー」には驚いたという。長丁場のシーズンを戦うためには休息も必要。「良いリフレッシュだった」と体調も回復した。

 今季はすでに2勝を挙げ、賞金ランクは4位。逆転での賞金女王の可能性も残しており、「賞金女王はあと最低2試合は勝たないと厳しい。この試合は高額大会なので、勝てたらチャンスはあると思う」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース